いい求人net

いい求人net > 特集企画 | 失敗しない転職のために
carrerchange

失敗しない転職のために知っておいてほしいこと

resume_manual

営業職の履歴書の書き方マニュアル

中途採用では、これまでの職務経験が採否を決める大きなポイントになっているため履歴書を軽視しがちですが、履歴書から読み取れることは非常に多く、誤字脱字や不備などがあればいくら立派な職務経歴書を作成しても不採用になってしまうことがあります。ここでは、履歴書を作成するときに気を付けるポイントを最初から順番にご説明します。

自分に合った履歴書のフォーマットを活用。
市販で売っている履歴書は、志望動機欄が大きいものや自己PR欄を強調しているものなど、様々なタイプがあります。しかし、用紙のサイズが大きかったり、志望動機欄が大きかったりすることで空欄が目立つようでは問題があります。
基本的には、自分のプロフィールや経歴をアピールしやすいフォーマットを活用するか、WordやExcelなどで自分専用の履歴書をオーダーメイドで作成するようにしましょう。
黒のペンまたはボールペンで記載。
履歴書は黒のペンまたはボールペンを使用します。インク切れで文字がかすれていたりすると、雑なイメージを与えてしまいますので気を付けましょう。また、鉛筆やシャープペンシルは履歴書では使用しません。
字の上手、下手ではなく、読みやすさ、丁寧さを。
字がきれいなことに越したことはありませんが、それよりも読みやすく、丁寧に記入されているかのほうが大事です。採用担当者は、丁寧に心を込めて記入しているかどうか、雑に記入しているかどうか、といった点から応募者が応募企業に対してどれくらいの意欲を持って臨んでいるかを見極めます。一字一字時間をかけて楷書体で記入することが、好印象な履歴書を作成する上でとても大事なことです。
誤字脱字がないように、しっかり確認。
誤字脱字というのは意外に多いです。初歩的な漢字を間違えたりすると、採用担当者の印象を下げてしまいます。履歴書は応募者の履歴や職歴を見るだけでなく、人となりを読み取っている、ということも心しておきましょう。封筒に履歴書を入れる前に、もう一度履歴書を確認することをお勧めします。
履歴書は空欄を作らず、全て記入。
基本的に履歴書は全ての項目を記入します。資格や賞罰など特に書く内容がない場合でも、「なし」または「特になし」と記載しましょう。
使い回しの履歴書を絶対に使用せず、新しい履歴書を。
不採用になり企業から返却された履歴書を使い回すのは絶対にやめましょう。また、履歴書に記載されている作成日が古すぎると、採用担当者は他の企業の応募で使った履歴書だと勘違いしてしまいます。
これからの人生を決める大事な就職ですので、面倒でももう一度書き直すようにしましょう。

※印のある各ボックスにマウスをのせると、該当箇所の注意事項がご覧いただけます。

作成した履歴書はコピーして、しっかり内容を覚えておく。
書類選考の次のステップは面接となります。企業は提出された履歴書をもとに質問をしてきます。郵送する前に自分が書いた履歴書をコピーして、内容を残しておきましょう。
履歴書を封入する封筒の書き方にも気を付ける。
封筒は茶封筒ではなく、白封筒を使用します。封筒の宛先は基本的に求人情報内に記載されています。人事担当者の名前がわかれば、「○○様」と個人宛てで記載し、担当者の名前がわからない場合は、「○○会社○○部○○課御中」と記載します。封筒はきれいにのり付けをして、封じ目には「〆」と書くのが一般的です。

営業職の職務経歴書の書き方マニュアル

採用担当者は日々忙しい中、何通もの応募書類に目を通し判断しなければなりません。そういった状況下で、何枚も書かれた書類があると採用担当者はウンザリするどころか、最後まで目を通さずに「シュレッダー行き」になってしまうこともしばしばです。採用担当者が一人の職務経歴書を読む時間は、約30秒~1分だと考えれば、1分以内に会ってみたいと思わせる職務経歴書でなければなりません。ですので、できれば1枚~2枚を目処に、多くても3枚までにまとめるようにしましょう。
また、レイアウトも非常に重要です。会社によってはレイアウトでITリテラシーや文書作成能力を判断する採用担当者もおります。表を挿入してきれいにまとめたり、【実績】や【工夫した点】など見出しをつけてわかりやすく記載しましょう。
ここでは職務経歴書の一般的な構成に沿って、一つ一つ順番にポイントをわかりやすくご説明します。

※印のある各ボックスにマウスをのせると、該当箇所の注意事項がご覧いただけます。

転職成功ガイド