いい求人net

いい求人net > 特集企画 | 失敗しない転職のために
carrerchange

失敗しない転職のために知っておいてほしいこと

measure

面接前に準備しておくこと

営業マンであるあなたは、営業と面接が同じだということに薄々気づいているのではないでしょうか。答えから申し上げますと、「はい、同じです」。営業現場では、自社製品を顧客ニーズに合わせ提案しますが、面接では、自分という商品を会社ニーズ(求める人物像)に合わせ提案します。非常にシンプルなのです。それでは、良い商談を行うために最も大事なことはなんでしょうか。それは「事前準備」です。これも営業マンであるあなたは、一度は上司に言われたことがあるかと思います。しかし、どうしてでしょう。面接が上手くいかない営業マンに限って、普段の営業現場では事前準備をしっかり行うにも関わらず、いざ人生を決める面接にも関わらず疎かにしてしまうことが実に多いのです。ここでは、面接で非常に重要なファクターである「事前準備」に関する情報をお伝えしたいと思います。

面接でよく聞かれる質問及び解説

面接官はあなたの人柄、能力、適性、思考を知るために、様々な質問を投げかけてきます。そこで答えた内容はもちろんのこと、話の内容に一貫性があるかどうか、あなたの反応や表情なども判断基準としています。ここでは、あなたが事前に準備して面接に臨めるように、一般的な面接の流れに沿って面接でよく聞かれる質問をプロが徹底解説します。

それでは、まず自己紹介をお願いします。off
面接官は決してあなたの趣味の話を聞きたいわけではなく、あなたの経験が当社で活かせるのかどうかが知りたいのです。面接は営業と同じです。自分が話したいことではなく、面接官の関心事を常に意識して2分程度に話をまとめて表現できるように心掛けてください。
これまでの経歴を教えてください。off
面接はあなたをアピールする場であることから、ついつい話が長くなり過ぎる方が見受けられますが、一方的に長い話をされると面接官の印象は悪くなります。面接で大事なのは「対話」です。面接官はあなたの話に合わせて次々に質問しますので、できれば面接官が質問しやすいよう営業スタイルや顧客、商材、実績などを織り交ぜて話すことを意識しましょう。
これまでの経歴の中で誇れる実績や、成功体験などはありますか?off
「目立った実績は特にございません。」と答える方がたまに見受けられるのですが、面接官は目立った実績を知りたいのではなく、あなた自身が誇りに思う(大切に思う)ことを知りたいのです。売上実績だけでなく、顧客との関係性やプロセス数字、社内プロジェクト…何でも構いません。営業マンとしてのあなたの特徴がわかるエピソードを話しましょう。
成果を出すために工夫したこと、努力したことは何ですか?off
この質問では、あなたの仕事への姿勢や思考力の深さなどを判断しています。話が具体的であればあるほど仕事に対して真剣に向き合い、考えて行動してきたことが伝わります。とはいえ、ダラダラ長く話すのではなく、論理的にあなたの工夫してきたことを語れるように準備しておきましょう。
これまで仕事をしていた中で、一番大変だったことは何ですか?
また、それをどのように乗り越えてきましたか?off
この質問では、あなたが困難にぶつかったときの対処法やそこから得た教訓などを確認しています。また、あなたが何を大変なことだと捉えているかによって、あなたの基準(ものさし)も測っております。「えっ、そんなことを大変に思っているの?うちでは通用しないかな。」という印象を面接官に持たれないように気をつけましょう。
営業で大事なことは何と心得ていますか?off
この質問では、あなたがこれまで学んできた営業の考え方と、自社の営業の考え方が合致するかを確認しています。営業する商品や顧客が違っても根本的な考え方が合致していれば、戦力化が見込めるからです。この質問で気をつけたいことは、うわべだけのテクニック論を語らないことです。新規営業、既存営業ともに「顧客との信頼関係」「商品ではなくまずは自分自身を売ること」などがベター。転職先の営業スタイルや文化を意識しながら話すようにしましょう。
あなたにとって仕事とは何ですか?off
この質問では、あなたの仕事観や働く意味を確認しております。面接官は、仕事に対してポジティブに捉え、会社の成長に真剣に向き合ってくれる人に対して投資(採用)したいものです。くれぐれもただ単に収入を得る、労働に対する対価を得るという「物理的」な理由だけが目的ですと、「仕方なく働いている」とネガティブに捉えられてしまう可能性があります。そうではなく、仕事を通じて得ることができる自己成長や自己実現、社会貢献といったポジティブな理由を伝えましょう。
前職の退職理由は何ですか?off
この質問では、あなたが入社後も継続して働いてくれるのかを確認しています。たとえ優秀な人材であっても、すぐに辞めてしまうのでは会社としては損失となるからです。また、あなたの人物像を判断する上でも非常に有効的な質問であるため、ほとんどの面接官は退職理由について質問してきます。 退職理由を聞くと必ずと言っていいほど前職の不満が出てきます。上司と合わなかった…。会社の待遇が悪かった…。会社の将来性が感じられなかった…。などなど。しかし、面接の場で不平不満を言う相手に対して面接官は誠実な人だとは思えないでしょうし、良い印象を受けないのは事実です。面接の場では退職理由を聞かれても不平不満は絶対言わず、表現を工夫してポジティブな退職理由に変換するようにしましょう。
転職理由は何ですか?off
前職の退職理由と同じく、不平不満は絶対に避けましょう。なお、不平不満をもとにした退職理由でも、表現を変えるだけでポジティブな姿勢を表すことも可能ですので、回答の表現を工夫するようにしてください。それ以外にも、「あなたの転職理由を当社であれば解決できるのか」という点に関しても敏感に見ています。もし、あなたの転職理由が面接官にとって、「えっ、それって当社でも起こり得ることだよ。」という印象を与えてしまった場合、残念ながらNGとなります。 転職理由は志望動機の裏返しです。新しく求める会社や仕事に何を望むのかを整理し、その希望を満たすための転職であると考えれば、より前向きな転職理由を捉えることができるかと思います。
会社を選ぶ基準は何ですか?off
この質問では、あなたが企業を選ぶ上で大切にしているポイントを知り、自社でそのことを実現できるのか、あなたの考え方と自社の組織風土が合致するのかを確認するために聞いております。 「成長できる環境」、「社会の役に立つ仕事がしたい」というような抽象的な軸ですと、どの企業でもそれなりに成長できますし、どの企業も社会の役に立っているからこそ存在することができるため、企業選びの軸としては不適切です。できれば「どのように成長したいのか」、「どのように社会の役に立ちたいのか」まで具体的に示すようにしましょう。
他にどのような会社や業界を受けていますか?off
面接官は企業選びの軸に基づき、どのような業界を受けているのか選考状況の把握がしたいという思いの他にも、しっかり軸を持って転職活動を進めているのかという点も見ています。例えば、「自分の経験が活かせる仕事がしたい。」という企業選びの軸であれば、業界、商品、顧客層、営業スタイル、専門知識などを軸に企業選びをすることになるでしょう。仕事においても、考えうる全ての選択肢から最良の選択を求められることが多々あります。しっかりと選択肢をピックアップする能力があるか見られているということを意識しましょう。
くれぐれも全く関連性のない会社をズラズラ話してしまうのはNGです。
志望理由をお聞かせください。off
志望動機を聞かれた場合には、「①これまでの経験で活かせること」、「②キャリアビジョン」、「③企業選びの軸」、「④具体的に取り組みたい仕事」、「⑤業界内でもこの会社を選ぶ理由」、「⑥きっかけとなる経験」といった要素をうまく組み合わせ、オンリーワンの志望動機を作成するようにしてください。なお、オンリーワンにするためには最低2~3つほどの要素を組み合わせる必要があります。1つだけの要素で志望動機を作り込むと、他でも言えてしまうありきたりな志望動機となってしまう可能性がありますのでご注意ください。
なぜ他の業界ではなく、この業界を志望するのか教えてください。off
多くの転職者が答えに詰まる質問の一つではないでしょうか。例えば、人材業界を志望する理由として「人に携わる仕事がしたい。」という理由であれば、人材業界だけなく他の業界でも叶えることができます。その中で、なぜ人材業界を選ぶのかは本質的な違いの理解が問われます。この質問は差がつきやすい質問なので、自分自身の軸に沿って本質的な回答を論理的に答えることができるように準備しておきましょう。
将来の夢や目標、キャリアビジョンについて教えてください。off
あなたが掲げる将来の夢や成し遂げたいことと、会社があなたに将来期待する役割がズレていないか確認するための質問です。いくら優秀でもあなたがやりたいことと会社の目指すものが大きく異なる場合、入社後にミスマッチで辞めてしまう可能性があると面接官は考えます。あなたのキャリアビジョンと志望企業で働くことが将来的に一致することをしっかりと示せるようにしましょう。
あなたの短所や弱みを教えてください。
また、弱みを克服するためにどのような努力をされているか教えてください。off
よくある短所の答え方としては、「長所の裏返しとしての短所」を答えると一貫性のある人物であることも示せますし、マイナスイメージを与えることもなく、使いやすいというメリットがあります。多くの内定者がこの手法で実際に内定を得ています。また、短所を伝えるもう一つの手法としては、変に長所に繋げることなく、素直に自分の短所を伝えるという方法もあります。正直なところ、多くの面接官もこちらの手法を好むでしょう。世の中には完全無欠な人間なんて存在しません。どんな偉人にも欠点があります。大事なのは自分の欠点にしっかり向き合い、それをどのように克服していこうと考える「課題認識力」を面接官は見ているのです。
仕事をする上で苦手なタイプはどんな人ですか?off
主にあなたの直属の上司となる方との相性を見定めるための質問です。面接官としては、相性の合わないタイプをハッキリとズラズラ言ってくる人に対して良くは思わないでしょう。できれば、スグに浮かんできたとしても悩んだフリはしてもらいたいものです。完全無欠な上司など存在しません。「もしかしたら相性が合わないかも…」と誤解されてしまわれないように、慎重に発言しましょう。
勤務地について希望はありますか?off
勤務地が選べる状態で単に希望を確認されているだけなら良いのですが、同時に転勤などの許容について聞かれたり、その企業に対する志望度合いを見られている場合もあります。全国展開しているような企業であれば転勤もあり得るでしょうし、ときに海外赴任の可能性というのもあり得る話です。面接官も、「絶対に嫌だ」という人を採りたいとは思わないでしょう。ただし、事情があり後ほど問題が起こるのであれば、説明はきっちりと行うべきです。それがあくまでも「希望」のレベルであるなら、あなた自身も最大限に受け入れを検討できる姿勢は見せたほうが良いでしょう。
希望年収などございますか?off
あなたが希望する年収と、会社があなたに提示できる初年度の年収にズレがないかを確認するための質問です。この質問で回答した希望年収がそのまま採用後の年収として決まるわけではありませんのでご安心ください。ほとんどの求人案内で「待遇」が記載されておりますので、その範囲内での金額を回答してください。ただし、たとえ範囲内の金額であっても、何か理由がない限りは現在の年収を大きく超えた金額を自分からは言わないほうが良いでしょう。「前職では年収○○円でした。前職と同額を希望します。」や「前職では年収○○円でした。前職を下回らない程度を希望します。」などが無難な回答だと思います。
基本的に大抵の場合は、その会社の給与水準があり、年齢、経験、スキルなどを考慮して給与額が決まります。もし、希望年収額を伝える場合は、「○○万円は希望ですが、あくまで貴社の規定に従います。」と回答することで、希望年収額に固執しているわけではなく、柔軟に対応できる姿勢があることを示すことができるため、印象は良いでしょう。
残業や休日出勤について、どのくらい許容できますか?off
面接官は、「業務上必要であれば問題ありません。」という回答を期待しています。営業という仕事の特性上、お客様の都合などで残業や休日出勤が発生することもあります。誰でも残業や休日出勤はあまりやりたくないのが本音でしょう。しかし、この返答に対して迷っていたり、あいまいな回答をすると「対応できない人」と受け取られて採用を見送られてしまう可能性があります。とはいえ、優秀なビジネスマンであれば、定められた時間内に最大限の成果を残すはずです。よって、「時間の感覚」が無い人だと思われないように、「効率的に業務を行いつつも、必要であれば残業も厭わない」というスタンスがベストです。
入社可能な時期はいつ頃ですか?off
この質問をされたときは採用が有望であると考えて良いでしょう。通常、面接官は離職者の場合ですと1ヵ月以内、在職者の場合ですと約1~2ヶ月以内の入社を希望しております。基本的には、採用後はできるだけ早く入社することが望ましいですが、入社までに時間がかかってしまいそうなときは納得できる理由を明示するようにしてください。あまりにも面接官の気持ちを考えず、自分の状況ばかり考えてしまうと、入社意欲を疑われてしまう可能性もありますので注意しましょう。
何か当社について質問はありますか?off
入社意欲を示そうとその場で思いついた質問をしようとしても、すでに面接で説明された内容やホームページなどで調べればわかる内容を聞いてしまうと、逆に印象を落としかねません。また、ネガティブな質問も面接官の印象を悪くする要因となります。そうならないためにも、予め質問を準備しておくことをおすすめします。そのために事前の企業研究は欠かせません。企業研究の過程で、いくつか疑問点が出てくると思います。質問内容もできるだけ業務に関係する内容を中心に質問する方が入社意欲は伝わりやすいです。面接中に解決する場合もありますので、最低5~10個くらいは事前に準備していくと良いでしょう。

転職成功ガイド