履歴書に記載するのは正社員だけでいいの?契約社員・派遣社員・業務委託などの契約形態の場合は、履歴書に記載しなくてもいい?企業側にマイナスなイメージを持たれる可能性があるため、記載したくないと思うかもしれませんが、しっかりと記載することをオススメします。この記事では、契約社員・派遣社員・業務委託とはそもそもどのようなものなのか、履歴書の書き方や注意点についてご紹介します。

 

契約社員・派遣社員・業務委託とは?

<契約社員とは>

契約社員とは、「雇用期間に定めがある従業員」のことを言います。雇用期間だけではなく、勤務地や業務内容も限定されることが多いです。一時的に特定のスキルを活かす働き方になります。会社によっては、非常勤社員・臨時社員・嘱託社員・準社員などという言い方をしますが、あらかじめ雇用期間が決まっていますので履歴書上ではすべて契約社員で統一するとよいでしょう。

<派遣社員とは>

派遣社員とは、人材派遣会社に雇用されますが他の企業に派遣される(勤務する)社員のことを言います。派遣先の実際に勤務する会社とは雇用関係はなく、派遣期間が終了すると別の企業へ派遣され勤務することになります。これまでのキャリアや持っているスキルを活かすことができ、勤務地・勤務時間・期間などの条件が自分が希望するものとマッチしている勤務先を選べるため、より自由な働き方が実現できる雇用形態になります。

<業務委託とは>

業務委託とは、企業に雇用されるのではなく、業務の依頼を受ける働き方になります。どのような仕事内容をいくらで、どのように遂行・完了させるかなど、仕事内容ごとに契約を結ぶ形態になります。業務委託には委任契約と請負契約の2種類が存在しています。委任契約とは、納品するものや成果物ではなく、業務自体が対価となる契約です。成果物に対する責任は負いません。例えば受付業務といった成果物が設定できないような業務内容になります。次に請負契約とは、業務を遂行した結果に生じた納品物や成果物が対価になる契約のことです。例えば、請負契約を結んだシステムエンジニアやプログラマーが作成したシステム(成果物)がそれにあたります。

 

契約社員・派遣社員・業務委託の履歴書の記載方法と注意点

結論から伝えると契約社員・派遣社員・業務委託ともに履歴書に記載する必要があります。多くの会社で就業経験がある場合は、履歴書の職歴欄に限りがあるため必要に応じてまとめて記載しましょう。それぞれの形態の履歴書・職務経歴書の書き方と注意点を説明します。

<契約社員について>

契約社員としての経験を記載するときは必ず契約社員とわかるように明記してください。企業側が気にするポイントは「業務内容(仕事の範囲)がどのようなものか」と「転職・退職理由について」です。中途採用ではより即戦力となる人材を採用したいと考えており、契約社員は正社員と比べて限定的な業務内容になることがあるため、正社員と同じくらいの業務幅を担っていた場合はしっかりとアピールしましょう。また、転職・退職理由を伝える際は特に注意してください。1番多い理由に「契約満了のため」とありますが、優秀な人材で成果を出した場合、正社員として登用されることも多くあるため、正社員になっていない理由がスキル不足や勤務態度など求職者に問題があったのでは?と懸念に思われてしまいます。逆に、正社員登用された場合は成果を認められた証になりますので、しっかりとアピールください。

<派遣社員について>

派遣社員の職歴を記載するときの注意点は、「派遣であることをしっかり明記する」「業務内容をまとめる」ことです。正社員としての経験がある場合は、派遣社員としての経験よりも正社員としての経験を優先して記載するようにしてください。正社員・派遣社員としての経験のバランスにもよりますが、基本的に企業側は正社員での経験を優先して確認するためです。派遣先が変わるごとに転職回数が増えてしまうため、どうしても転職回数を多く記載する必要があり、マイナス評価になりやすいです。正社員として転職を繰り返しているよりも派遣社員として転職(派遣先の変更)を繰り返している方が印象が良いため、派遣という雇用形態であるが故の転職回数の多さであることをしっかり伝えましょう。(派遣元が変わらなければ派遣先がいくら変わっても転職回数にならないと思っている方もいると思いますが、間違いになります。)

 

次にテクニック的な話になりますが、職務経歴書では会社ごとに勤務期間や経験内容を書くのではなく、業務内容ごとに記載すると良いでしょう。派遣社員は特定のスキルを活かしつつ、よりスキルアップできる点がメリットの1つであるため、例えば「A社1年・B社2年・C社1年・D社3年・E社3年」と記載するよりも、「営業10年。具体的な仕事内容は・・・」と記載した方が印象がとても良いです。会社を軸として記載してしまうと、コロコロ会社を変えている印象になってしまうため、スペシャリストとしていろんな幅広い業務に携わってきたように記載してください。営業職1つをとってみても、営業スタイル(ルート営業なのか新規開拓メインなのか)・商材(有形商材なのか無形商材なのか)・顧客の業界・製品の価格帯などさまざまな違いがあるため、1つに特化した経験のある派遣社員でも幅広い経験をもつ派遣社員でも、多くの場合で企業側は魅力に感じます。見た目の転職回数が多い派遣社員は転職が難しいと思われがちですが、経験内容の伝え方によってはとても評価が高まることもあります。

<業務委託について>

業務委託での経歴を履歴書に記入する際は退社・退職ではなく満了・終了と記載します。さまざまな会社と委託契約を結んだ場合は、雇用されているわけではないため転職回数には含まれません。スキルがないと個人事業主として活躍できないことから、企業側から即戦力として期待されますので、より詳細に経験内容を記載しましょう。業務委託にて制作した成果物を記載する場合、発注者の許可が必要になります。企業との契約で制作した成果物の著作権は基本的に企業にありますので、自分が制作したからといって自由に扱うことはできないため注意してください。

 

まとめ

基本的に雇用形態や契約内容がどのようなものであっても、業務をした場合は履歴書や職務経歴書に記載する必要があります。契約社員・派遣社員・業務委託のいずれも業務内容や働き方が限定的になるため、特に経験した仕事内容については詳細に記載し、必要な箇所を全面的にアピールしてください。面接では履歴書などに記載のない詳細な部分を聞かれますので、想定される質問に答えられる準備をしておきましょう。