転職活動で勝ち残るには、書類選考でライバルに差をつけないといけません。履歴書や職務経歴書はもちろんのこと、自己PR文は選考に置いて重視されています。営業職を募集している所属部署の担当者からすると、書類よりも実際に会話して判断したいと思っている場合があります。しかし、書類選考は所属部署とは違う総務部や人事部で先に判断される可能性がありますので、しっかりと対策を練っておく必要があるでしょう。ここでは上手な自己PR文の書き方を解説していきます。

 

自己PR文の必要性

自己PR文は自分の強みを企業側に把握してもらうために必要です。そもそも自己PR文を書くのが面倒に感じる人もいるでしょうが、企業に入社してからどのように貢献できるか、または貢献したいかという内容は企業側からすると一番知りたいことになります。

企業の募集要項には自己PR文の提出を必須としていない場合があります。しかし、企業側は提出した書類に目を通さないことはありませんので、自己PR文を書いてマイナスになることはないでしょう。

自己PRは応募する履歴書にも記入欄があります。ただ、転職の場合はこれまでの経験を活かして何をやりたいかというテーマを語る上で、履歴書だと記入するスペースがあまりにも少ないといえます。

企業側も履歴書や職務経歴書を見ただけでは、応募者がこれまでの仕事で何を学んだか、自社に活かせるか、何をやりたいのかというのは中々判断つきません。面接で話しをするのが一番分かりやすいですが、担当する面接官にとって、書類選考にふるいをかけて応募者を限定するのは当然です。他の応募者も似たような内容になりがちな履歴書と違って、自己PR文は自己主張しやすく、ライバルに差をつけるのに重要といえます。

転職が売り手市場となって求職者がじっくりと企業を選べるとはいえ、それはあくまでも市場全体の話です。逆に求職者有利となれば、企業側は人手不足といえますので、採用担当者や面接官個人は激務の通常業務の傍らで選考の仕事をしている可能性があります。「このような人材に来てほしい」と思わせるような自己PR文を作成するように心がけましょう。

自己PR文のポイント

自己PR文の書き方として大事なのは結論から書くことです。自分が一番伝えたいアピールポイントを最初に強調しましょう。また、自己PR文をまとめる上で5つのポイントが大切です。

① 企業側に知ってほしい自分のアピールしたい強み
② これまでの経験
③ 前(現)職での問題や課題に対して実践した解決策
④ 対策後の効果を数字で表現
⑤ スキルを活かして応募先企業へ取り組む意欲

次にこの5つのポイントを交えて実際の例文を作成していきます。

営業職経験者の自己PR例文

私は営業職において、顧客第一を常に念頭に置き、お客様との信頼関係を構築させることを重点に取り組んできました。先方とお会いできたときの有益となる情報提供はもちろん、お会いできなかった場合も電話やメールでこまめに連絡を取り、お客様がどのようなことで悩み、何を求めているかをリサーチしてまいりました。

営業職を4年経験し、主にお付き合いのあるお客様への営業がメインでしたが、入社2年を経て新規顧客開拓への営業を実践し、個人としてだけでなくチームとして目標を持って前年比超えを目指していました。

目標を持つことは大事ですが、実際に売上を上げていくことは大変で、新規営業ではなかなか成約に至ることができずにいました。そこで、新規のお客様へのアプローチには時間をかけてリサーチし、お客様にとって価値のある情報を提供していくことを心掛けました。既存のお客様へのフィードバックを大切にしていたのもあり、新たにお客様を紹介していただくこともあって、成約率前年度10%UPを果たすことにつながり、事業所表彰となりました。

私はこれまでの経験を活かし、御社で取り組んでおられる○○事業で自分をさらに成長させていき、プロ意識を持って御社に貢献してまいりたい所存です。

営業職未経験者の自己PR例文

私は前職で販売業を主に携わり、笑顔と元気を第一に思いやりのある接客を心掛けてきました。お客様に対して必要なのは顔と名前をしっかりと覚え、コミュニケーションを大切にすることと存じます。

前職では一時的に売上を伸ばすことに執着し過ぎて、集客が遠のいてしまうこともありました。そこで、まずは売上を伸ばすことよりもお客様が何を求めているかを前提に考え、しっかりとしたコミュニケーションを図りながら、お客様が抱えている悩みを受け止めて、有益な情報を提供して信頼関係を構築することに取り組みました。

そこで業績が少しずつ回復し、新たなリピーターを獲得することにつながりました。実際に前年度20%UPの売上を伸ばすことに成功しています。

営業職は未経験ですが、販売業で培った経験をより広いステージで活躍したいと考え、御社の目指す○○○主義に貢献していきたいと思います。

まとめ

自己PR文は履歴書や職務経歴書と同じく書類選考においてとても重要です。自己PR文の上手な書き方は、以下の5つのポイントを把握することです。

① 企業側に知ってほしい自分のアピールしたい強み
② これまでの経験
③ 前(現)職での問題や課題に対して実践した解決策
④ 対策後の効果を数字で表現
⑤ スキルを活かして応募先企業へ取り組む意欲

まずは自分が知ってほしいアピールポイントを結論から書いておき、自己PR文では自分の強みを企業に把握してもらい、ライバルに差をつけていきましょう。