転職エージェントを利用するメリットとして、自分に合った求人を紹介してもらえることもありますが、面接対策をしてもらえることも大きなメリットだと思います。面接対策って聞くと、「面接の練習をするの?」と思われがちですが、それだけではありません。ここでは、転職のプロである転職エージェントが、内定率を高めるために行っている面接対策とはどういったことを行っているのかについて触れていきたいと思います。

 

転職は準備で決まると言っても過言ではない。

営業を経験している人なら、「営業は準備で決まる」と言葉がしっくりくると思います。商談において、より実りのあるものにするために事前準備は欠かせないと思います。まず商談に臨む前行うことは何でしょうか。それは、顧客の情報を集めることだと思います。どんな製品・サービスを販売している企業なのか、営業手法やマーケティング方法だけでなく、理念や今後の方向性まで、得られる情報はすべて集めるでしょう。
次に、今現在、どんなニーズを抱えているのかを想定し、顧客ニーズに対応する提案内容を検討するかと思います。自社製品・サービスの知識を覚え、上手に説明できることなどは、それ以前の話です。

面接とは、自分という商材を売る営業と同じようなものですので、上記のことは、転職活動においても置き換えることができます。しかし、こんな簡単なことに気付かない営業経験者が実に多く存在することに驚かされます。

人生に大きな影響を与える転職は、営業で言うのであれば大きな受注を挙げるよりも価値は高いと思います。営業で大きな受注を挙げてもインセンティブで数万円程度だと思いますが、転職が成功すれば年収が100万円以上アップすることだって可能です。現職で忙しい人でも、こういった考え方ができるのであれば、これまでの営業活動と同じように、成果を出すために取り組むことでしょう。

 

まずは自分という商材をしっかり覚え、説明できるようになろう。

一般的な企業の場合、自社製品・サービスの知識がないまま営業に行くことはないですよね。もし、行くことになれば不安で仕方ないはずです。また、知識が身についても、それを流暢に説明できるかは別の話です。知識を覚えたらロールプレイングなどを行って練習し、初めて良いプレゼンテーションができるようになるかと思います。これは誰でもわかる当たり前の話なのですが、面接シーンにおいては、商品知識をろくに覚えず、そしてトークの練習もせずに面接に臨む営業経験者が実に多いです。

自分という商材を普段から考え、アウトプットしている人であればいいのですが、そんな人はごくわずかです。大概の人は、自分のことについて深く考えたり、アウトプットしたりなど行っておりません。そんな人がぶっつけ本番で面接に臨むと、言葉が出てこなかったり、まとまりのない話をしてしまったり、本来持っているポテンシャルの20%くらいしか発揮できずに失敗する人を目の当たりにします。まずは自己分析などを行い、自分を理解し、しっかり話せるようになりましょう。

 

顧客(面接企業)の情報を集めよう。

営業シーンにおいて、どんな製品・サービスを販売している企業なのか、営業手法やマーケティング方法だけでなく、理念や今後の方向性、口コミ情報やパブリシティまで得られる情報はすべて集めるかと思います。転職活動においても必ず行うべきです。それはなぜでしょうか。もうここまで記事を読んだ方であればお分かりかもしれませんが、顧客ニーズを想定し、ニーズに対応する提案内容を検討するためです。

転職者の中には、ネガティブな口コミ情報ばかりに目が行く人も多く存在しますが、営業で置き換えるのであれば、与信管理ばかりに目が行き、本来、受注(内定)するための準備を怠っていると言っても過言ではありません。こうした人に高い成果は期待できないでしょう。まずは成果を残すために、自分で調べることはもちろんのこと、転職エージェントなどを活用して必要な顧客情報をたくさん集めてください。

転職エージェントの面接対策は何をしてくれるのか?

結論から申し上げますと、これまでお話ししたことを全て行ってくれます。転職エージェントは、多くの求職者とお会いし、沢山の経歴を見てきたコンサルタントが殆どです。また、転職エージェントはあなたと違い、実際に企業に訪問し、採用担当者からニーズを直接教えてもらっています。そのため、自分で調べた情報よりも質の高い情報を保有しているだけでなく、あなたよりも何を提案すべきか知っている場合が殆どです。

だからこそ、自己分析をするにしても、自分では気づけなかった強みを引き出してもらえたり、足りない要素を指摘してもらえたりします。また、面接のロールプレイングにも付き合ってもらい、客観的なアドバイスをもらえます。さらに、実際に訪問しないとわからない企業情報なども教えてもらえたり、親身な転職エージェントですと、企業ニーズを想定したトークを一緒に考えてもらえたりもします。

その他、紹介される企業の中には、実際に採用実績がある企業もあり、過去にあった面接情報を教えてもらえるケースもあります。営業で置き換えるのであれば、商談でお客様からされる質問を事前に、しかも無料で教えてもらえるわけですから、転職エージェントを利用しない理由はありません。

ただ全ての転職エージェントがこうした情報を持っているとは限りませんので、ご注意ください。それはあなたが所属している営業部でも同じことが言えるように、会社ごと、コンサルタントごとで能力が異なりますので、実際に転職エージェントとお会いして見極めてみてください。